― Web Technology and Life ―

YAPC::Asia Tokyo 2011に行ってきたご報告

2011-10-16
早速、2011/10/13-15まで東京工業大学で行われた世界最大(?)のPerlカンファレンスYAPC::Asia Tokyo 2011に参加してきたご報告です。

YAPC::Asia Tokyoとは

YAPCとはYet Another Perl Conferenceの略で、もともとあったPerlの国際的会議の参加料が高額だったから、もっとオープンソース的にやろうぜってことで企画されたイベントだとどこかで読んだか聞いたかしました。YAPC::Asiaは日本のTokyoでやっていますが、YAPCのAsiaをカバーした国際的なイベントだそうです(それを意識しているプレゼンターはみんな英語のスライドを作っているんですね!)。YAPC::Asia以外にも、YAPC::NYとかYAPC::Europeとか大陸的な地域でYAPCのは実施されているようです。私は、去年に続いて聴者として2回目の参加となりました。

今年のいいなと思ったセッション

個別セッションの感想

Carton: CPAN dependencies manager
さすが巨頭のmiyagawaさんという感じでかなり期待できますねー!とりあえず、実用はバージョン1.00になるまで待ちたいと思いますが、早速試したいと思います。
続 Unix Programming with Perl
難しいなー、勉強しなくては!!という気になりますね。
運用しやすいWebアプリケーションの構築方法
Yokohama.pmと同じような内容でしたが、当時はよくわからなかったので二回目でようやくピンときました。様々な経験と調査に裏打ちされた要件をモジュールを実装している、過程・実装が非常に参考になります。
watch your log
ログ監視の試みKomainuはとてもいいと思いました。早速コード眺めたいですね!
Apporoで類似文字列検索
Perlのインターフェースがあっていいですね。なんとなく早速使ってみたいです。
LTのtokuhiromさん、nekokakさん、yappoさんのいろんなモジュール紹介
やっぱりモジュールの紹介がなんか楽しいなって自覚しました。

全体的な感想

今年はアプリケーションの実装を中心に聞きたいなーって思っていたんだけど、結構インフラ的なミドルウェアの組み合わせの話とかスマホとか、実際に聞いたセッションがPerlの話が少なかったからちょっと物足りなかったかなーと。ただ、そんな中で、上述したようにプロダクトの話に刺激を受けたことで、やっぱり「こんな問題、要件、ニーズみたいのを「発見」して、その解決策としてPerlでこんな実装をした。で、結果、こんなディストリビューションをリリースした」っていうのが聞きたかったんだなーというのが明確になって逆によかったかなーと思いました。使ってみたいとか、コードみたいとか、思うようなプロダクトの話が刺激になります。

去年との比較

個人的には、交流という意味ではuzullaさんもブログに書いていましたがHachioji.pmを通して気軽にいろいろ話せる方々が増えたことはとてもよかったし、技術的なキャッチアップとしてはセッションの話が結構わかるようになったのがうれしかったなーと思いました。

Perlコミュニティ的な意味で言うと、まぁWebも成熟と、スポンサーの企業の皆様サービスの成熟(≒来場者、発表者のスポンサー企業への集約)が感じられ、去年とは別のフェーズに来ているなーというのが実感できました。来年のYAPC::Asiaというか、来年のPerl界隈というか、Web業界のトレンドというか、結構ダイナミックに「次のフェーズ」にEvolutionしていく感じをうけました。

最後に

とりあえず、とにかく、YAPCのたびに新しいCPANモジュールがリリースされ、それをウォッチするのは、楽しいですね!学んだこともブログでアウトプットしていきたいですが、次回がもしあったら、YAPCを目標に私もCPANモジュールをあげてみたいなーと!

追記:Acme大全2011をゲット

大事なことを書き忘れていました。makamakaさんの「Acme大全」をついに今年ゲットしました。今まで、「Acme?はぁ・・・笑」みたいな感じでうまくしったかもしないけどスルーする的なかわしかたをしていましたが、ついにしっかり押さえておかなくてはと思った次第です。ところが、読んでみたらAcme::*よりも前置きの「Perl界隈の解説」的な話がとてもいいですねー!まさに同人誌という感じで、ネットでは誰も教えてくれないような界隈のふんふん的な話がユーモラスに記述されていて、たぶん今回のYAPC::Asiaのスポンサー企業に新卒とかで入った人は界隈の常識みたいなのを押さえるために必需品となっているのではないかと思いました。まぁ、真面目な話はさておき、とりあえず、ユーモラスな日本語のPerlネタ読み物としても『はじめてのPerl』に並ぶものがある気がします。またまた、真面目な話、makamakaさんはホントにおもしろいなーと改めて尊敬しました!

Perl update_at : 2011-10-16T01:51:56
hirobanex.netの更新情報の取得
 RSSリーダーで購読する   
blog comments powered by Disqus