― Web Technology and Life ―

Hachioji.pm#18とその前のLike a ハッカソンに参加したご報告

2012-06-25
今月も開催されましたHachioji.pmに行ってきたので、そのご報告。私は、yanchaでやらかしたっ!gfxさんがjsxの紹介をしたっ!

Like a ハッカソン

今回は遅めの11時開始でした。初参加のyoshihirokunoさん含め、makamakaさんやhide_o_55さんも参加されて、最終的に総勢10名ほどが参加されました!

もくもく自分の作業をされたり、Hachioji.pmで今開発している次世代チャットシステムのyanchaの開発をしたりしていました。

yanchaの開発

私の把握している限り、uzullaさんがyanchaの発言の削除機能つけたり、私がyanchaの投稿者アイコンからtwitterやfacebookのプロフィールページにリンクする機能を実装しようとしたり(適当なPull Requestしてすみません!!)、ytnobodyさんがエラーの修正したりと、コツコツyanchaも開発が進んでいます。

その他、ハッカソン前に、前回参加されたhirataraさんがSQLite対応とともにDB周りのコードのリファクタリングをされたり、uzullaさんがデザイン、ファビコンの修正をされたり、地道に進化していて(わたしなんか思い込みで新機能実装したら、結構コードが変わっていて変更点ダダ漏れしているくらいに、コードが変わっていてビックリ!苦笑)、YAPCで見せられるようなものを作れるように、uzullaさん筆頭に大がんばりですねっ!

今回、わたしはヤンチャにyanchaを開発ということを目標に来ていたので、勢いよくコードたして、ノリでPull Requestしてしまったら、全然だめだったというしぬほど恥ずかしいことを経験したので、二度とこういうことはしないようにしようと思ったのがいい経験です。月曜中に修正Pull Requestします!すみません、すみません。。。

そのほか、Twitter認証ではまったり、gitではまったり、環境にはまりまくりでエンジニアリングやめようかと思いましたが、ytnobodyさんやcharsbarさんに助けられて、まだまだコーディングが続けられそうです。ありがとうございましたっ! その他、YAPCに向けた実装案をuzullaさんがまとめていらっしゃったので、どこかにシェアしてくれて、どしどしPulll Requestおくれる目標ができると思いますっ!

もくもく

もくもくの方々もいろいろやられていたようですが、yoshihirokunoさんはphpの実装についてuzullaさんにいろいろ相談されていて、とてもいい雰囲気になっていると思いました。こういう感じで、「ググれ、コラ!」って言われそうなことでも気軽に「すみませんー、これってこういうことですよね?」とか「これって、○○だと思うんですが、○○さんはどうされてます?」とか、ただ「これわからないんですが・・・?」なんて、聞ける場っていいと思いますっ!

もくもくの方もたくさんいらっしゃるので、是非みなさん交流を含め、参加してくださいねっ!

Hachioji.pm #18~梅雨~

今回はDeNAのgfxさんが話題のjsxを紹介してくださるということで、総勢15名(普段よりちょっと多い)が参加されました。

「話題のjsxの話だし、ATND立ててからの参加数の増え方も順調だったので、『これは・・・最高の参加数になるのか!?』と期待したけど、『八王子遠い…』的なツイートを見かけることが多く無念」という話や「京都や北海道や福岡ほど、遠くないでしょ!」的なツッコミもありという相変わらず「八王子遠い」自虐ムードからはじまったような気がしますw(そういえば、Like a ハッカソンのときに、makamakaさんが吉祥寺とか都内の近くでHachioji.pmの遠征を主催するっていっていたので、今まで遠いという理由で参加していなかった方々大いに期待してくださいねっ!)。

LTとかの気になったメモ

なんか突然眠くなって、後半戦落ちるという恥をさらしてしまってすみません。。。半数のLTの記憶がないのですが、記憶に残っているのをいくつか、メモしておきます。

  • makamakaさん。「Fuji goro(藤吾郎)=Fuji goko(富士五湖)」苦笑
  • JSは「女子高生」。はてなキーワードにも書かれていたし、NHKでも特集されていた

githubからとってきたコミット権限があるcloneファイルがpushできない問題

ハッカソンのときにgit push origin masterとかすると、「403○○」とかでてきて謎にコミットできなかったんだけど、charsbarさんに教えてもらいました。 githubの変更が入ったのが問題で、gitのバージョンが古いと起きる問題らしく、「.git/config」の[remote "origin"]の「url」を「https://github.com/hirobanex/yancha.git」みたいなのから「git@github.com:hirobanex/yancha.git」に変更すると、ちゃんとpushできるということです。一瞬、ココロが折れかけたので、ホント助かりました、ありがとうございますっ!

jsx

gfxさんによる紹介。

  • 内部コードはJavaScriptで書かれている
  • kazuhoさんが9割コード書いて、すなわちkazuhoさんの参考になるコーディングが見られる
  • coffee scriptはコードの行数自体を減らすことで、コーディングの省エネ化を図っているが、jsxはメンテナンスを向上させる必須コードを増やすことで、結果的なコーディングの省エネ化を図っている
  • ライブラリがない(cpan的なライブラリをおくスペースを作るといいのかも by みんなからのFB)
  • 特に、DOM操作のライブラリがないのはちょっとつらいかも。(絶賛募集中だそうです)
  • このシューティングゲームのサンプルをスマフォで動かすとすごい

その他、みなさんのレポも是非参考に

自分のLT

『勝手にBeginners Talk』と題して、「以下のどちらかYAPC::Asia2012の20分枠を応募してみようと思うんだけど、どっちの話がよさそう?」ってきいてみました。

  • 安定性を重視したバッチ処理~DBストア型JobQueueシステムQudoを使った事例~
  • DBスキーマの整合性を確認するモジュールを作った話~デザインパターンの応用によるモジュール実装~

いろいろ質疑応答して多数決取ったら、圧倒的多数で前者に決まりました!今週中に応募内容を練って応募したいと思います。頂いた意見としては、覚えている限り以下の感じ。

  • 「mandy_44さんがデザインパターンの話するけど、確実にぼくの話の方がしょぼいかも」って話したら「いろんな確度から同じ話は焼きまわしされるもんだ」とか「デザインパターンはどれだけしっかり話せるかが重要だ」とか頂きました
  • 「実際に実務で使っていて、自信を持って語れる内容がよい」
  • 「なんでQudoなのかいろいろ比較して詳しく聞きたい」
  • 「私が話す内容はいうても、ビギナー向けかなー」と話したら「ジョブキューという時点ですでにビギナー向けではない」と頂きました

実務の内容を詳細に話すことはできませんが、頂いた意見を元にPerlコミュニティに恩返しできるように、できるだけ参考になるチュートリアル的な内容を組み立てていきたいと思います。

また、後者のテーマについても圧倒的多数で前者をみんながおしたあとに、makamakaさんが一人だけでも「聞いてみたいかなー」と手を挙げて頂けたので、できる限りしっかりと作って、まとめて、なんらかの機会でシェアしたいと思います。(その前に、ポスグレの実装についてmakamakaさんに相談させて頂くと思いますが。苦笑)

次回はTakao.mt#2?

次は、7/28(土)に高尾山でビアマウントの予定です。さすがにLike a ハッカソンをその前に実行するのはつらいと思うので、次々回に持ち越しか、別日程調整という感じでしょうか。とりあえずぼくは空き時間をどこかで作って、yanchaの機能実装をもう2つくらいはやりたいと思っていますよーっと!

ではでは、またまた勉強会レポになってしまいましたが、ツッコミあれば、はてぶコメントやTwitter等で気軽にお願いしますー!

hachioji.pm update_at : 2012-06-25T10:40:11
hirobanex.netの更新情報の取得
 RSSリーダーで購読する   
blog comments powered by Disqus