― Web Technology and Life ―

2012/9/28(本日)YAPC::Asia 2012で発表します

2012-09-28
皆様のご支援の介がありまして、YAPC::Asia 2012でトークができることになりましたので、お礼とご報告です。

YAPC::Asia 2012って?

YAPCとは、Yet Another Perl ConferenceというPerlのお祭り(大きな勉強会)です。YAPC::AsiaはそのAsiaにおけるカンファレンスで、2006年から始まり今年で第七回目となります。動員規模も500人以上あり、Perlのカンファレンスでは世界最大規模ということです。

今年は、9/27(木)~9月29日(土)まで、東京大学伊藤国際学術研究センター@本郷で行われ、Perlの生みの親のラリー・ウォールをはじめ、たくさんの海外ゲストスピーカーも来日されます。また、日本のPerl界隈の大御所miyagawaさんもトークをされるということで、ちょっとでもPerlに興味があったら、Perlの勉強をするなり、コミュニティの人と交流するなり、するといいこと間違いなしのイベントです。(ちなみに、チケットはもう売り切れということなんで、いまからいきたい方はだれかに譲ってもらって下さい!)

私のトークについて

私も、YAPC::Asiaに参加するのが三回目ということで、記念受験的にトークに応募してみたところ、皆様の多大なご支援のおかげで、なんと、トークすることができるようなりましたっ!!本当にありがとうございますっ!

内容は、『不安定な環境の中でのバッチ処理~JobQueueシステムQudoを使った事例~』ということで、「JobQueueを普通のバッチ処理で使うと実はメリットたくさんあるんだよっ!」ってことや、「DBストア型JobQueueもいろいろあるけど、Qudoって機能豊富で便利なんだよっ!」ってことをお話させていただきます。興味があったら是非聞きに来て下さい。

日時/場所

  • 日時:9/28 16:20 - 16:40
  • 場所:東京大学伊藤国際学術研究センター 3F Room 2(特別会議室)

現在想定している内容は以下

とりあえず、全部は無理だから気分でどうしようか決めようと思っています。

イントロダクション

  • 自己紹介
  • バッチ処理とは
  • ITシステムにまつわるギャップ
  • エンジニアが直面する様々な現実
  • System is unstable and uncontrolable
  • 例外が通用しないバッチ処理

<要件編>バッチ要件とJob Queue

  • hirobanex的バッチ処理要件
  • Job Queueシステムの概要
  • 本要件別のJob Queueの機能比較
  • TheSchwartz VS Qudo

<実装編>Qudoを使った実装例

  • インストールとか
  • Qudoのインスタンスの生成
  • 処理の定義
  • 処理の登録 ~ひとつ場合~
  • 処理の登録 ~複数の場合~
  • 処理をする ~通常の場合~
  • 処理をする ~実際の場合~
  • 無限ループの中のエラーハンドリング
  • max_retries = 1でerror時の再登録
  • max_retries > 1でerror時の再登録
  • 動作確認テストをする

<デモ編>安定性の確保

  • その1~シンプルな例~
  • その2~不安定な例~
  • その3~NotifyReachMaxRetryな例~
  • その4~ForceQuitJobな例~

最後に ~LTソンも忘れずに!~

前夜祭をやった地下一階のメインホール横の多目的ホールにて開催日程を通じて開催されるLTマラソンがあります。今年は、参加者と各会場の収容人数を考えても、メイントークを聞く以外の選択肢をとっていく必要があるともうので、是非是非、LTソンを見に行って新しいYAPCの楽しみ方を味わいましょー!

ではでは、YAPC::Asia 2012に参加される皆様、存分に会を満喫しましょう!!会場でふらっとすれ違ったら、ご存知のかたは気軽にお声掛け下さい、私も気づけば積極的にお声かけしたいと思います♪

Perl update_at : 2012-09-28T05:18:19
hirobanex.netの更新情報の取得
 RSSリーダーで購読する   
blog comments powered by Disqus