― Web Technology and Life ―

Windows端末からLinuxのOSに外部から入るツールputtyの使い方

2013-05-21
初心者向けに、Windows用のSSHクライアントというのをWindows端末から「LinuxのOSに外部から入るツール」と言ってみましたが、どうでしょうか?最近PCが飛んで、初心者ぶりにputtyを入れてアレコレしたので、その過程をさらしておきます。MBAで開発よーって方が多いですが、puttyのオススメ設定とかあれば是非教えてくださいー。

インストールしてさくっと使う

なんだかよくわからんですが、puttyといえばPuTTY ごった煮版ということで、こちらにいってインストーラーを落としてきます。

さくっと、使うなら「ホスト名」にアクセスしたいIPとかホスト名いれて、「開く」ボタンを押せば、あとはインタラクティブな画面に従い「ユーザー名」「パスワード」を入れれば(セキュリティずぶずぶの?)パスワード認証方式を採用しているSSHDが立ち上がっているサーバーに外部からログインして、コマンドラインな画面をいじることができます。

SSHの鍵認証のサーバーにアクセスする

もうこの時点で初心者はわからないと思いますが(昔の私はよくわかりませんでした)、「SSHのパスワード認証はけしからんので、うちのサーバーは鍵認証だ、そして、IPアドレスでも制限をかけておるのだ、とにかく、公開鍵をよこしなさい」といわれたら、さて困ったとなると思います。

Linuxなら「ssh-keygen -t rsa」というコマンドをホームディレクトリでたたけばさくっと、「~/.ssh/id_rsa.pub」にお目当てのものができるともうのですが、puttyではどうしたものかという話になります。

そこで、実はputtyに付属のPuTTYgen というものを以下のようにして使います。 puttyの実は使うツール(.exeファイル)は「C:\Program Files (x86)PuTTY」とかputtyをいれたディレクトリの中に入っているので、よく確認しておく必要があります。

類にもれず、私の環境では、「C:\Program Files (x86)PuTTY\puttygen.exe」に該当物があるので、以下のように使います。

  1. 「公開鍵/秘密鍵ペアの生成」をクリック
  2. 緑のバーが全部たまるまで「鍵」の枠内をマウスでぐるぐる動かす
  3. 「鍵のパスフレーズ」とその確認を入力
  4. 「生成した鍵の保存」の「公開鍵の保存」「秘密鍵の保存」をそれぞれクリックし保存

これで終わりではなく次に以下のようにします。自分で権限がない場合は人にやってもらってください。

  1. 保存した「公開鍵」をアクセスしたいサーバーとかに送り(ファイル開いてサーバーのほうに張り付けてとか)、ssh-keygen -i -f pubpub >> .ssh/authorized_keys
    • 公開鍵をOPENSSHのフォーマットに変換
    • 鍵認証用の参照ファイルに公開鍵を書き込み
    • ファイルの送信には、一応、pscp.exeというのがついていて使い方はだいたいリナックスのscpコマンドと同じ
  2. 鍵認証したいホスト名を「ホスト名」に入力
  3. 「接続」>「SSH」>「認証」>「認証パラメータ」の項目の「参照」をクリックして、先ほど保存した秘密鍵を選択
  4. 今後も使うであろう設定なのでTOPに戻って「保存」を選択し、「開く」を押す

すると、ユーザー名を入力したのち、以下のように出てきて

Using username "hirobanex".
Authenticating with public key "rsa-key-20130516"
Passphrase for key "rsa-key-20130516":
  1. 「3」で入力した「鍵のパスフレーズ」を入力してログインできれば成功♪

しかし、結局、「鍵のパスフレーズ」なるものを毎回入れるのはめんどいですね。で、次の便利オプションに移ります。

ホスト別の初期設定を保存

個人的には、最初にいろいろなユーザー名いれたり、秘密鍵のパスワード入れたりがだるいのでそういうのはputtyに設定しています、あと個人的に見やすくする設定も。内容は例として僕の設定です。

  • ユーザー名をあらかじめ入れる(「接続」>「データ」>「自動ログインのユーザー名」、hirobanexと入力)
  • fontを指定する(「ウィンドウ」>「外観」>「フォントの設定」、「変更」クリックしサイズ14ポイントに設定)
  • 読み込み文字コードを指定する(「ウィンドウ」>「変換」、UTF-8に)

もろもろ設定したらTOPにもどって「保存」を忘れずにクリックしておきます。

pagentを使って「鍵のパスフレーズ」の入力はPCの立ち上げ時のみに

SSHクライアントを使ってアクセスするたびに「鍵のパスフレーズ」を入れるのは正直めんどいので、それをPC立ち上げ時に一回入れておくだけという設定にします。

類にもれず、「C:\Program Files (x86)PuTTY\pageant.exe」というファイルがあるので実行します(決済代行会社のPagentとは関係ないでしょう)

  1. 立ち上がった画面(すでに立ち上がっていますと表示されたツールバーに常駐しているのでそこをクリック)で、「鍵の追加」をクリック
  2. 「秘密鍵」を保存した先に行って選択
  3. パスワードを保存的なチェックボックスをクリックして、「鍵のパスフレーズ」を入力し、保存
  4. 任意のホスト設定で「接続」>「SSH」>「認証」>「認証方法」の「pagentを使って認証する」のチェックボックスを入れて、「保存」し「開く」

すると、最初はなんか聞かれるかもしれませんが、基本的に次回以降は、保存してあるセッションのホスト名をダブルクリックしただけで、SSHで当該サーバーに入ることができます。

最後に

こういうのは画像がないと分かりづらいですね。無駄にテキストだけ並べましたが、まぁオレオレメモということで勘弁してください。。。

とりあえず、ローカルvmware playerでリナックス入れてそこに自動で入る設定をし、外部にアクセスするときはそこを踏み台にしてそのリナックスユーザーのSSHの設定をいろんなところにまいて設定かましておくと、いちいちセッションが乱立なくて済むのでいいと思います。

ではでは、なんかオススメの設定あればぜひぜひ教えてくださいー。データが消えても、Windowsもまだまだ使えるさ、きっと!!!

Linux update_at : 2013-05-21T16:41:25
hirobanex.netの更新情報の取得
 RSSリーダーで購読する   
blog comments powered by Disqus