― Web Technology and Life ―

改行コード問題によるgit diffで変更内容不明状態からの解放

2014-01-11
ずいぶん前に教えてもらったんですが、ブログに書き忘れていたので、また忘れないうちにメモ。MacとかUnix系でgitで管理しているファイルをWindows系のPCのメモ帳かなんかで編集しちゃうと、改行コードがかわってファイルが一新されちゃって、バージョン管理の意味なし状態になるのですが、その対策です。

diffをちゃんと見るには ~git diff -w ~

まず、git diffを改行コードを無視して確認する方法がありまして、wオプションを指定することです。

改行コードをWindowsのからUnixのに変換

diffが見れても、コミットする前にちゃんと変換しておかないと、git show とか真っ赤ので死亡状態になるので、さくっとコマンドラインから変更する方法が必要ですね。

ググるとhttp://pseudo.ddo.jp/~pseudo/cgi-bin/shop_v50/doc/webmaster.htmlなどたくさん参考URLが出てくる。

nkf

ubuntu10.04にaptでいれたらつかった文字化けしたので、この方法は棄却

sedとかで置換

    sed -i.bak -e 's/\r$//g' list.php

まぁ無難にというわけですね。

環境依存

そもそもWindowsでしか使わないとかそういう状態だと、以下が参考になりそうです。

git での改行コード

こそこそバージョン管理しているとツライ

教えてわかる人と仕事をしたいですが、ftp大好きな人とかそうもいかない時もあるので、そういうTipsでした。

Linux update_at : 2014-01-11T15:59:30
hirobanex.netの更新情報の取得
 RSSリーダーで購読する   
blog comments powered by Disqus